トップページ  >  山口ワイナリー  >  ワイナリーの四季

ワイナリーの四季

山陽小野田市立高千穂中学校の皆さんが、ぶどうの選定作業を体験実習しました

ブドウ栽培とワインの講習を受けた後
▲ブドウ栽培とワインの講習を受けた後
実際に畑の作業を体験しました。
▲実際に畑の作業を体験しました。
ぶどうの選定作業 ぶどうの選定作業
ぶどうの選定作業 ぶどうの選定作業
このページの先頭へ

2006年5月

平成18年4月16日

山口ワイナリー自慢の、樹齢100年を超える桜の木が、平成16年の台風で倒れてしまいました。
平成16年は台風の当たり年で日本各地に被害を与えた年でした。
復旧工事が進む中17年の春先に「梅雨が来る前に木を切ったほうが良い。』という指摘がありましたが、倒れて枯れたと思っていた桜の木に小さなつぼみが沢山ついているのが判り、哀れに思い、「最後に一花咲かせてあげましょう。」ということになりました。ところが咲きも咲いたり写真のような満開となりました。
ワイナリーを訪れるお客さまたちが感動され、「倒さないで。」との声が多く、だめもとで浮かびあがった根を土で埋め、傷ついた部分を消毒し様子を見ることにしました。 再び冬が来て枯れ木のようになっていましたが、3月に入り新芽が出てつぼみがついていました。 そして他の桜は散りましたが、葉が出て初めても花がついています。

このページの先頭へ

ワイナリー秋から冬へ

このページの先頭へ

ワイナリー春から夏へ

このページの先頭へ