トップページ  >  永山酒造の歴史

永山酒造の歴史



明治20年 山口県厚狭郡二俣瀬村にて永山橘太郎により創業開始
灘の銘柄『男山』の商標を、地元の山名に因み、下関の酒問屋を通じ購入。
明治35年 永山惣五郎 二代目頭首となる
大正8年 厚狭蔵完成
その後、厚狭蔵で製造した清酒が博覧会で最優等賞を受賞したのを期に、金メダル・銀メダル・銅メダルをラベルに配し二俣瀬蔵のものと差別化して販売する様になる。
昭和7年 本社を厚狭に移し、永山酒造合名会社を設立する
昭和20年 永山憲一郎 三代目社長就任。 
平成3年 池袋に永山酒造東京支店開設。
平成5年 男山するめ酒お燗機能付』 発売。
平成7年 ワイン製造を目的に山陽町石束にブドウ園(カベルネソーヴィニヨン)を造る。
平成8年 山口県初の県産ワイン『山口ワイン』発売。
平成11年 小野田産山田錦使用の特別純米酒 『龍王乃杜』 発売。
永山純一郎 五代目社長就任。
平成12年 自社農園栽培山口県産カベルネソーヴィニヨンを使用したワイン 『山口ワインカベルネソーヴィニヨン』発売
平成14年 三隅町の農業を中心とした清酒の新ブランド『山猿』を立ち上げる。
平成16年 東京支店撤退
このページの先頭へ